ART LIFE

ピアニスト 末永匡 オフィシャルブログ

なぜベヒシュタインでのレッスンなのか?《9月25日(土)ベヒシュタイン特別レッスン受講者募集》

f:id:tadashi_suenaga:20210728194639j:plain

株式会社ベヒシュタイン・ジャパンの特任講師として携わらせていただき早5年。

 

ビューローやリスト、ドビュッシーなど他にも歴史的な偉大な芸術家たちに愛され続けてきた名器。「しかしなぜこんなにも愛されて続けてきたか?」これには確かな理由があります。

 

現在、世界中のピアノの在り方について各シーンで問題提起されています。理由の一つとしては「ピアノという楽器はそれぞれ固有の魅力(響きや音色など)があるにも関わらず、その多様性が活かされていない」ことが挙げられるでしょう。もちろんこれだけではありません。演奏者自身が問題意識を持っていないことも事実です。

 

「メーカーを挙げろ」と言われればたくさん挙げられます。しかしその中のいくつが実際にコンサートやレッスンで使われているのでしょうか?

 

ここで世界的なピアニストであるアンドラーシュ・シフの大変興味深いインタビューを紹介させてください。

 

(Frankfurter Rundschau:2015年1月28日ドイツ語)

www.fr.de

 

「ほとんどのピアニストが(ピアノに)興味がない」

 

刺激的なタイトルです。すでに6年前のインタビューですが今もなお的を得ている内容となっています。いくつかのテーマを話していますが、今回注目したいところは「ほとんどの人たちが今日耳にしている響きは一面的。素晴らしいスタインウェイが全てではない。いろんなピアノへの興味を!」というところです。シフはその後に「ホールにピアノの選択肢はあるがピアニストがそれらを弾かない」と続けています。日本の各地にあるホールではどうでしょうか、豊富な選択肢があるのでしょうか。

 

スタインウェイヤマハ、カワイで聴くベートーヴェンは一般的によく知られています。どれも疑いの余地のない素晴らしい楽器です。しかしベヒシュタインやザウター、プレイエル、ファツィオリなど、またはフォルテピアノは限られた人たちにとっては身近な存在ですが大半は聴いたことがない、もしくはその経験が極めて少ないと言っても過言ではありません。特に音楽大学のような場所は多様なピアノと共に学べる環境でありたいものです。

 

いろいろなベートーヴェンピアノソナタショパンのバラードがあっていいのです。歴史的にそれらの多様性が当たり前であったように…

 

自分自身の演奏経験からその重要性と必要性を感じています。以前ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を東京芸術劇場で演奏した時のこと。1回目はスタインウェイで、2年後に再び演奏した際はベヒシュタインで演奏しました。当時ベヒシュタインD282でピアノ協奏曲を演奏されたことは日本ではまだなく、僕はもちろんのことオーケストラの方々、聴衆にとって初めて体感するベートーヴェンの「皇帝」でした。その違いに驚かれた(賛否を含む)多くの声が後日たくさん届きました。

 

耳、心、指に様々な体験を与えること。それがいかに演奏者の「耳」や「鍵盤への繊細なタッチ」「微細なものに反応する心の豊かさ」に影響を与えるかは疑いの余地がありません。

 

数年前に比べ少しずつですが様々なピアノに触れる機会は増えてきたかと感じます。しかしそれでもまだまだ「一面的」と言える状況であることは事実でしょう。

 

ベヒシュタインという「オーケストラが強く意識された多様な音色音質」を生み出すことのできる楽器で音楽を創造する喜び。

www.bechstein.co.jp

 

ベヒシュタイン・ジャパンの数多くあるイベントの中でもずっと大切に続けられている「特別レッスン」。次回は9月25日(土)残枠2枠、12月までございます。消えることのない大切な音体験として是非自身のステップアップにお役立てください。静かに、丁寧に、明確に、そして確実に学ばれたい方にお勧めいたします。新企画「Let's talk 10」ではレッスン後の相談の時間も設けています。お申し込みお待ちしております!

 

《お問い合わせはこちらまで》

(株)ベヒシュタイン・ジャパン 担当:泰田
E-MAIL:yasuda@bechstein.co.jp
TEL:03-3305-1211

静寂から生まれ静寂に消える

f:id:tadashi_suenaga:20210913105852j:plain

感無量。多数のお申し込みをいただき急遽同日追加公演となった長い1日。お陰様で大盛況で幕を閉じました。

その場にいる全員がベヒシュタインピアノの音に耳を研ぎ澄ませ、静寂から生まれ静寂に消えていく音に気持ちを寄せる瞬間。

2公演以外はその場でレッスン。計6時間。指導者や才能溢れる子供たちなど、一語一句一挙一動そして一音たりとも見(聴き)逃さまいと、彼らの集中力は空気をも変えます。

とある子は以前何かの機会に僕と一緒に写真を撮っていたらしくそれを家に飾っているとか。嬉しいですね〜♪舞台no9を観劇されていた方(ピアノの先生)やプライベートの生徒も聴きに来てくれたりと何とも嬉しく温かなことの数々。

適切な感染防止対策、どんな時も落ち着いた雰囲気で丁寧にマネージメントされる姿勢に大船に乗った気持ちで取り組ませていただきました。

お客様そして和幸楽器、ベヒシュタインジャパンの全ての関係者に心から感謝申し上げます。

※ベヒシュタインジャパンの加藤社長とのトークは気をつけないとなぁ。楽しすぎて時間を忘れます。

延期と追加

楽しみにしていたイベントの延期連絡と追加公演。コロナ禍ゆえの難しい選択。昨年とは違い、スケジュール変更に驚くことはなくむしろ極めて冷静に受け止めています。納得する自分がいると同時に、連絡を受けた直後、練習していた手の中にこもる熱や痺れのようなものが行き場を失っている感覚も。また、多くのお申し込みをいただき公演を追加するイベントも。

 

10月に予定されていた朗読とピアノのコンサート。こちらは二度目の延長で次回は来年の秋。オールドビュッシープログラム+末永の即興。とても雰囲気のある場所で静かに温もりあふれる雰囲気で、絵本と古いベヒシュタインピアノから紡がれるドビュッシーの対話が創造の世界を膨らませます。詳細が決まり次第随時お知らせいたします。

 

同じ月に新潟の小学校で予定されていた創立150周年記念事業。こちらも来年の秋に延期。一大イベントで、少しでも子供達のためにと先生方の熱き思いと共に時間をかけて言葉を交わし練り上げてきました。こちらも一年後に延期。

 

直近では9月7日(火)に予定されていた宮地楽器でのコンサートも感染拡大の影響を受け延期。こちらはタイミング的にも大変難しい判断だったと思います。ヤマハの新グランドピアノ「C3X esperssivo」とプレミアムピアノ「S3X」の魅力をオールリストプログラムで思う存分味わう、個人的にも大変興味深い企画です。振替公演の詳細は決まり次第お知らせいたします。ぜひご注目ください。

f:id:tadashi_suenaga:20210903233303j:plain

そんな中、9月12日(日)に予定されている和幸楽器でのコンサートは同日中に追加公演が決定。ベヒシュタインピアノで豊かな色彩を贈るプログラム。ヘンデルハイドンベートーヴェン、リストの他、子供たちにも人気のあるブルグミュラーギロックも。ソロだけでなくクラリネットと一緒にアンサンブルの視点からもベヒシュタインの魅力を探ります。多様に富んだ時間。ワンポイントレッスンも午前中は満枠、15:30以降はオプションで追加していくこととなり若干数枠がございます。一歩深く丁寧に学ばれたい方はぜひお申し込みいただき、自身のレベルアップに役立ててください!

f:id:tadashi_suenaga:20210903233308j:plain

延期も追加も難しい判断です。どちらも「ご来場される方々にとってより良い時間」を思い決断されたものです。身が引き締まる思いで取り組ませていただきます。感謝を胸に。

僕は何も知らない。だから面白い。

f:id:tadashi_suenaga:20210823211553p:plain

「世界の人口70億人(正確には78億5000万人なんですね)いる中で、どれだけの人と出会い、どれだけの人に自身の言葉を伝え、人の言葉や音楽を耳にし、どれだけの人に自分の音を届けましたか?僕は、日本で弾こうが中国で弾こうがエジプトの洞窟で弾こうが、各地でいろいろな人たちと出会っていてもその全貌を全く知りません。」

 

今日はフェリス女学院の学生たちにお話をさせて頂きました。「音楽と社会」という視点は僕にとって決して特別なものではなく自然なもの。ベートーヴェンモーツァルトの音楽芸術を探究し深めていくことと同じように。

 

楽家の人生は様々。音大は音楽家としての生き方なんて教えてくれない。もちろん教えるものではないし教わるものでもなく。様々な経験から「気づく」もの。自分にもっと問いかけよう。人生を創ろう。奥を見て広く見渡そう。そのほとんどが自分の知らない世界と人々で埋め尽くされている。だから面白い。

 

このような貴重な機会を与えてくださった全ての関係者に心から感謝申し上げます。

受け継がれているもの

f:id:tadashi_suenaga:20210816193101j:plain


100%じゃなくていい。けどピアノ弾く時にいつも”少し”気にかけておいて。それが後で実を結ぶことになるから。」その言葉で今日のレッスンは幕を閉じました。

 

一音の軌跡にずっと耳を傾けると色々なものが聴こえてきます。物理的な音だけではなく、もっと様々な"何か"。

 

「記憶が聴こえてくる」こんな言い方も、その一部なのかもしれません。

 

静寂が支配するアトリエの中で二人。一つの音一つの和音に何が在るかを確かめるように耳を傾けた、なんとも沁み入るような時間でした。その積み重ねが音楽となるのです。

 

少しずつ変化していく生徒の音にこちらもグッと力が入ります。時に答えに困るような、時に解らず答えられないような質問を投げかけてくれるのもまた嬉しく。そのような興味、意識の高さにさらに嬉しく。

 

改めて僕はレッスンという時間が好きなんだと感じます。そういえば以前武蔵ホールので公開レッスンが11時間あったっけ。(あれ、12時間だったかな?)聴講された方の中にはブランケットを持参し初めから最後まで聞いてくださっていたなぁと懐かしく。

 

多分に僕自身が今は亡き恩師たちとのレッスンという時間が本当に充実していたからでしょう。先生たちとはピアノだけに限らず、音楽全般について、芸術について、音そのものについて、人の心について、文化、社会、哲学、楽器、歴史、音楽以外の芸術、表現、身体、テクニック、生き方など、他にも本当に多くのことをレッスンを通して学びました。そして先生の先生たちについてのこともたくさん語ってくださいました。「受け継がれているものがある」のだと歳を重ねるごとに強く感じます。

 

生徒が弾いてくれたチャイコフスキーの幸せに満ちた音楽がずっと頭の中で鳴っています。

特別レッスンを終えて

一昨日、27回目となった特別レッスン。僕にとっても「原点」を見つめさせてくれる大切な時間。素晴らしい演奏でした。みんな音楽が大好きなんだよね。だから悩んで、考えて、迷って、苦しむ、そして到達して、見えて、揺さぶられて、感動する。僕もそう。

 

ショパンに見る音楽の深淵、基本を丁寧に学ぶベートーヴェン、感情の波が押し寄せるリスト、躍動感に満ちるメトネル、素朴ゆえの豊かさを感じるブラームスなどなど…

 

音楽って素晴らしい、なんていつも思うけど改めて思わされた時間。それは多分にレッスン後の10分間の話があったからかもしれない。みんなピアノの前に座る前にいろんな背景を抱いている。それがあるからピアノ前に座っている。全員が時間が足りないほどに語ってくれた様々な話、気持ち。今は亡き恩師たちとの時間を思い出します。

 

どこでもある「ピアノのレッスン」。けど、一歩深くみんなと繋がり音楽を感じた瞬間でした。2コマ受講された方もいらっしゃいましたがまだ足りず。次回を楽しみしたいところです。受講生一人一人にメッセージを書いています。次回は9/25。成長や変化という旅路を楽しみにしています。そして新しくご参加される方々にも期待しつつ。是非お問い合わせください。

 

感謝を込めて 

 

f:id:tadashi_suenaga:20210812230947j:plain

 

変化を続ける特別レッスン、新たな試み

f:id:tadashi_suenaga:20210728194639j:plain

主催者と日々言葉を交わす「変化していくべき特別レッスン」について。チラシが昨日出来上がりました。

 

「特別とは何なのか?」

「受講される方々に対しどう在るべきなのか?」

「何が求められているのか?」

「レッスンや楽器のクォリティだけでいいのか?」

「もっと寄り添うことはできないだろうか?」

 

今日まで徹底的に話し合いを続けてきました。

 

これまで趣味の方、演奏活動をされている方、音大生(桐朋、芸大、昭和)など累計「160名以上」の方々が受講されました。浜松町にあったグランドピアノ2台のみ入る空間から場所を移し、今は汐留にある最大80名入るベヒシュタインサロンにベヒシュタインのフルコンサートグランドピアノという最高級のクォリティを誇る大変恵まれた環境にグレードアップ。1年間の沈黙を経て先月再開。

 

今回から新しく室内楽での受講」「複数枠の申し込み可」に加え「Let’s talk 10’」という企画をレッスンに組み込むことが決定されました。「Let’s talk 10’」とはレッスン後の10分間、様々な悩みや相談を投げかけていただく極めてパーソナルな時間です。

 

今現在演奏している作品についてでも構いませんが、先月実験的にその時間を組み込んだところ、どなたも作品についてではなく「それ以前のこと」もしくは「その周りのこと」について相談されてきました。

 

そもそもピアノを弾くという行為はそれだけにあらず。ピアノの前に座るまでにいろいろな心情があるわけです。お話に耳を傾ける限り、皆さんは本当にいろいろなことを背負って、抱いてピアノに向かわれています。

 

一時期、大学の学生たちから「カウンセラー」というあだ名がつけられていたこともありましたが、レッスン時本当に多くの言葉や話題を学生たちと交わしてきました。僕自身学生時代、今は亡き恩師たちと交わした数々の言葉に救われ、それがあったからこそピアノに向かうことができたのです。

 

作品のこと、音楽のこと、ピアノに向かう以前のこと、何でもいいのでこれを機に(もし末永の経験が皆さんのお役に立つのならば)この「Let’s talk 10’」を活用し特別な時間を一緒に創っていけたらと思います。そして「Let’s talk 10’」でのお返しの言葉はその場でも口頭でありますが「受講修了証」という残る形で後日お渡しいたします。成長の足掛かりに、後々その軌跡を見返すことでご自身の変化を実感して頂ければ幸いです。

 

これからも少しずつ変化していく「末永匡特別レッスン」。12月までスケジュールが決定しています。是非ご参加ください!

 

●お問合せ・お申込み 

(株)ベヒシュタイン・ジャパン 担当:泰⽥

E-MAIL:yasuda@bechstein.co.jp 

TEL03-3305-1211